ホーム > けやきニュース > 2016年8月号

平成28年 路線価が公開されました!

平成28年 路線価 埼玉県

 7月1日に国税庁より平成28年分の路線価図が公開されました。路線価とは、土地などを相続・贈与する際の評価に用いる1㎡あたりの評価額です。実際の取引金額の8割程度に設定され、税金計算を行うための基準価額です。よく聞かれますが、今年の1月の相続であってもこの7月1日時点の路線価で評価を行うため、待っていた方もおられるかもしれません。

 さて、埼玉県内の税務署管内別の最高路線価(抜粋)が上図の通りです。大宮駅西口が埼玉県内のトップで、1㎡あたり276万円となり7.0%上昇し、高層マンション建設が続き「アトレ浦和」の開業などもある浦和駅西口が5.5%の上昇となっています。これらの都市部がけん引し、県内の平均変動率も3年連続で上昇、プラス0.2%で推移しました(全国で上昇した都道府県は東京・大阪・京都・愛知・宮城・福島など14のみ)。一方、行田をはじめ越谷・春日部・熊谷などの最高路線価は横ばいになっています。

  ご興味のある方は、国税庁のHPよりお住いの地域の路線価図を見ることができます。弊社の周辺では下図のようになっています。この辺りは市街化区域になりますが、眺めているとセイムスができた県道加須-幸手線よりも騎西へ向かう菖蒲新道、またミニコープ前の価額が高い(3.9万円)ことがわかります。路線価が付されていない土地については、市の固定資産税評価額を基にする倍率方式や、特定路線価の申し出などで、路線価の代わりとなる評価額を知ることができます。特に将来の相続税のご心配がある方は、この機に確認してみてはいかがですか?

 

 

平成28年 路線価 埼玉県 加須市

 

 

出典:国税庁ホームページ 平成28年財産評価基準書 路線価図・評価倍率表を加工して作成

加須市東栄 路線価図(http://www.rosenka.nta.go.jp/main_h28/kanto/saitama/prices/html/32126f.htm)

国税庁ホームページ

お知らせ

弊社は8月13日(土)~15日(月)の間、夏季休暇となります。