ホーム > けやきニュース > 2017年1月号

平成29年1月のトピックス

年頭雑感

 謹賀新年

 あけましておめでとうございます。旧年中のご支援ご協力に感謝申し上げます。本年も又よろしくお願いいたします。

 ところで皆さんはどんなお正月を過ごされたでしょうか。正月ぐらいは全てを忘れて、ただ人生の来し方・行く末をおもんばかってみる良い機会ではないでしょうか。なぜ自分は今ここにおるのか・・・。
 自分のことを言わせてもらえば、物心つくころから左手が使えず、為に片手でもできるだろうということで税理士・公認会計士の道に進んだということです。税理士を開業してからすでに40年、あっという間の40年だったなと思います。   
 この間、自分はどれだけ成長できただろうかと考えます。人は皆“おぎゃー”と生まれて、先祖様から受け継いだ本能と闘いながら自分を成長させつつ、道半ばにして、やがて死んでゆくのです。世の中はこの繰り返し。“子供のいじめ”も、“振込め詐欺”も、“ギャンブル依存症”も皆本能のなせる業なのではないでしょうか。 

 今年は酉年ですね。皆さんと一緒に大いに羽ばたきたいなと思います。それというのも面白い時代になってきましたね。アメリカではトランプ次期大統領が「偉大なアメリカを取り戻そう」とインフラ設備投資と減税を叫んでいます。これにいち早く反応して株価はすでに市場最高値を更新中です。日本も更なる財政出動によって景気浮揚を図るでしょう。円安ドル高も企業業績を押し上げます。政治的にも、日本は独立国としてアメリカと対等に付き合えるようになるでしょう。日米同盟を基軸に据えて、大国、中国やロシアとも堂々と渡り合える、又渡り合わなければいけない状況が生まれました。これ全てトランプの出現によってです。

 但し足元を見れば、格差の拡大は政情を不安定にします。最低限、誰もが、望むならば大学まで十分な教育が受けられ、医療と介護に十分な手当がなされ、生涯、文化的で生き甲斐をもった最低限の生活は保障されなければなりません。企業人としては、“事業は人なり”の精神で社員に寄り添い、彼らを遇しなければなりません。そして言うまでもなく、“イノベーションとチャレンジ精神”を忘れないようにしなければと思うのです。1年はアッという間に過ぎてしまうものです。今年も何もしないで終わってしまった、ということが無いように しようと、飲めない酒を食らいながら思うのであります。税理士法人こうの会計 こうの経営グループ 株式会社こうの経営 けやき労務管理事務所

お知らせ

 平成28年度確定申告がはじまります。今回の確定申告よりマイナンバーが必要になります。
資料収集等ご用意をお願いいたします。