ホーム > けやきニュース > 2017年7月号

けやきニュース

小規模事業者の経営管理や計画作成をお手伝いします

 中小企業庁では、中小企業・小規模事業者の資金繰り管理や採算管理などの早期の改善を支援するため、平成29年5月29日より「早期経営改善計画策定支援」の事業を開始しました。ここでいう中小企業・小規模事業者とは、売上(年商)にして1~2億円までの事業者のことのようです。具体的な支援の内容は、弊社のような経済産業大臣の認定を持つ支援の専門家の力を借りて、そこにメインバンクの協力を得ながら、経営改善のための計画を作成し、その費用の2/3(上限20万円)を補助するというものです。1年後にはモニタリングの実施(計画したことがどのように進捗したのかの確認)を受けます。

 同じように専門家から支援を受けられる事業はいくつもあり混同してしまいそうですが、例えば経営革新計画では県が専門家とともに伴走してくれる一方金融機関を巻き込むことはないし、時間も数カ月必要です。また通称405事業とよばれる経営改善計画は、より規模の大きな会社の金融機関調整と具体的支援を受けるための枠組みであり、やはり相当の時間を要します。それよりも規模が大きな案件では都道府県の再生支援協議会もあります。他方、専門家派遣よろづ支援拠点事業は無料でピンポイントの支援(助言)が受けられる反面「計画書」という成果物は残りません。

 一長一短はありますが、毎期の数字を預けている顧問税理士を活用する手段として、有意な制度ではないかと思います。私たちも現在(29年7月)2件の支援に動いています。ご興味のある方は弊社までお問い合わせください。

 

中小企業庁:経営サポート