ホーム > 会社案内

会社案内

ごあいさつ

 

 “創業は1976年(昭和51年)、オリンピックが決まった5年ほど前から、2020年に向けて目標をたててやってきました。「お客様のために」、「働く人の幸せのために」という思いで、商品力を磨き、研鑽を積み、外部の専門家と提携しつつ、どんな相談にも一応は答えられるワン・ストップ・オフィス(総合事務所)を目指してやってきました。道半ばとはいえ、現在総勢34名、お客様のIT化をサポートし、M&Aや事業承継、経営コンサルを主業務とする『株式会社こうの経営』、別に『社労士法人けやき労務』、そして本体の『税理士法人こうの会計』と陣容を整えて、一応、町いちばんの会計事務所は達成したかなと思っています。

 

 現在、私たちの業界ではRPAがホットな話題です。ロボットを使って自動で作業する、というものです。私たちの作業はパソコンを使うことが多いのですが、この作業をRPAが行います。今は試作段階ですが、完成の暁には作業の効率化が大いに図れることになります。

 つまり人がやらなければいけない判断業務などは別として、単純な繰返し作業は人がやらなくてもよくなるのです。夢のような話ですね。これは何も会計事務所に限ったことではありません。そう、あなたの会社にも導入できるのです。このお手伝いができるように、いま大いに研鑽に励んでいるところです。

 


 商品力を磨く、と言いました。「経営者が会計事務所に望むこと」という中小企業庁の実態調査、その調査結果が公表されていますが、中小企業経営者が会計専門家に最も望むサービスは、「決算書類等の分析、経営指導・助言等」とあります。これらの要望に応えるために、月次決算・本決算の場をとらえて私たちのサービスを提供すべく、商品力を磨いているということです。私たちは、あくまでも「お客様のために」行動します。『顧客に寄り添い、経営を支援しよう』、これが私たちのモットー(合言葉)です。 

 
こうの経営グループ代表
高野勝良